まずは土づくりから

その挑戦は土づくりから始まった

阿蘇の天然ミネラル「リモナイト(黄土)」でノニがさらに元気に!

フィジー諸島で自生する「ノニ」をもっと安心・安全に、そして元気にするために、まず自生している場所の土づくりを始めました。それは「リモナイト(黄土)」で土を活性化させることです。
当社で取り扱っている「リモナイト」は熊本・阿蘇山の噴火によって生まれた天然の黄土です。7割ほどが鉄分で、ミネラルが豊富に含まれており、現在畜産用飼料・ガス吸着・水質浄化など様々な分野で活用されています。また、土壌活性土としても利用されており、この「リモナイト(黄土)」を現地のノニ畑に散布することで、より元気で活き活きとしたノニジュースをみなさんにお届けできるのです。

リモナイトとは、褐鉄鉱とも呼び、その名の通り鉄を多く含んだ鉱物です。
地球上では、様々な国でも発見されていますが、日本では良質のリモナイ
トが採掘できるのはこの、熊本・阿蘇だけと言われています。

このリモナイトが阿蘇で採れる理由は、世界一のカルデラを持つ熊本・阿蘇の長い歴史と大地にあります。
阿蘇は、およそ30万年前に大噴火が起き、その後も11万年前、9年前と何度も大噴火を起しました。
それによって、このカルデラの中に大きな湖(火口湖)が生まれました。湖には噴火した時のマグマが流れ込んだり、植物などが生息し始めました。

長い年月をかけて、湖はやがて干上がり、様々な成分がそのカルデラの中に浸透していきました。
浸透した成分は、「地層」となり、リモナイトとして 地下に眠りました。
こうしてリモナイトは、この阿蘇に誕生したのです。

リモナイトは「阿蘇黄土」という名前で、阿蘇の人々に親しまれてきました。
リモナイトを熱することで赤い「朱」の色に変わります。これはベンガラと呼ばれ、その昔、鳥居や装飾品、陶器や棺などの塗料や防腐剤として使われていました。
その後、月日は流れ、リモナイトは、鉄の原料として福岡の八幡製鉄に運ばれ、鉄へと生まれ変わりました。当時は日本の貴重な鉄資源として、大量のリモナイトを全国に送っていたといわれています。

また、赤牛などで有名な阿蘇では、牛が下痢をしたときや体調が悪いときによくこのリモナイトを食べさせて体調を整えていた話も残っています。
阿蘇の地域の「赤水」という地名も、雨が降った際にこのリモナイトが川などに流れて赤く見えたことから「赤水」という名前がついたと言われています。

▲弥生時代にリモナイトを使ってつくられた陶器は、近くの古墳などで数多く発見されました。

▲阿蘇の赤牛

リモナイトの成分は70%の鉄分とその他、たくさんのミネラル成分が含まれています。
この鉄は「酸化鉄」とも呼ばれ、まだ未完成のこの鉄はいろんな物質とくっつこうとする「吸着力」という働きを持っています。
この働きを利用して、リモナイトを原料としたガスの吸着剤や土壌活性土がつくられています。

 

「リモナイト」について、もっと詳しく見る>>

Vinakaについて ノニについて おいしい飲み方 よくある質問


ご注文お問い合わせは、